スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STOL

2010/01/30 21:54
シーステート5の荒海で離着水を可能にしているのは、飛行機にとって極低速の50kt(時速約90km)の離着水速度。水の上を走る時に出るしぶき、飛沫を押さえ込む技術であった。

STOL、短距離離着陸(水)の研究は世界各国で進められていた。輸送機で実用化したのがカナダのバッパロー輸送機でPS-1飛行艇と同じエンジン、プロペラを使用してる。

CC-115 Buffalo Demonstrating STOL capabilities

バッファロー輸送機を改造して行われたUSB方式のSTOL実験機 Quiet Short-Haul Research Aircraft (QSRA)は航空母艦での離着艦試験を行っている。

NASA Quiet Short-Haul Research Aircraft (QSRA) Carrier Trials

日本ではC-1輸送機を改造した「飛鳥」が試験された。






スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。